メインメニュー

最新の記事

特定非営利活動法人
ふりーす

〒732-0052
広島市東区光町2丁目9-30
竹本ビル2階 201号
TEL/FAX.082-567-6603

  • 児童デイサービス事業
  • 生活介護事業
  • 居宅介護支援事業
  • 障がい児・者のための
    生活支援事業
  • 保護者・家族のための
    生活支援事業
  • レクリエーション事業
  • 講演会・研修会事業

トータル

今日

昨日

ブログ 日々の活動

456件中 1-5
[トップへ戻る] [次のページへ]

うれしいプレゼント。

2018年12月15日(土曜日)

先日送迎から戻ってくると、Yちゃんがモジモジしながら「どうぞ」と袋を差し出してくれました。
中には、なんと手作りのマフラーが!
聞いてみると、家でお母さんと一緒に指で編んだとのことでした。
同じようにスタッフ2名にも色違いで準備してくれていました。
私たちのためにがんばって編んでプレゼントしてくれた気持ちがとてもうれしかったです(^o^)

これからますます寒くなりますが、風邪には気を付けて楽しいクリスマスとお正月を迎えましょう♪
一足早いクリスマスプレゼントをありがとうございました☆

職員  細田

お金の使い道。

2018年12月11日(火曜日)

生活介護のみなさんは、地域貢献のために東区福祉センターのお掃除の仕事をしてもらっています。
頑張った形がみなさんにわかりやすいように、掃除が出来た方にはスタンプカードにスタンプを押し、貯まった人にはお給料を渡しています。
ついこの前も2人の方が貯まりした。Nさんは、大好きな乗り物の本、Uさんは、前から欲しかったDVDを買いました。
一緒に買いに行った時のニコニコ顔‼️こちらもうれしくなりました。
「〇〇が欲しいな」「〇〇へ行きたいな」
これからもみなさん、目標に向かって頑張ってください。

職員  北川

子供の大好きな季節になりました!

2018年12月08日(土曜日)

みなさま、ご無沙汰しております。小佐です。
早いもので、今年が終わるのもあと1ヶ月を切ってしまいました。
今のところ、寒さを感じる事も少なく例年より暖かい不思議な気候で、服装の調節がとても難しいです。
さて!12月といえば、子ども達が大好きなイベント「クリスマス♫」があります✴︎
キララでは今、クリスマス工作でツリー作りをしております☆
今年は、個性豊かなたくさんのツリーが玄関に飾られる予定です!!もし、キララに来られた際には、子ども達の素敵なツリーを是非見て下さい‼︎

職員  小佐

平成30年度 放課後等デイサービス自己評価総括

2018年12月07日(金曜日)

ほーぷデイサービスセンター
〇環境・体制整備・業務改善
職員の退職や産休・育休による職員配置の変化があり、多少利用者の方たちには見通しの悪さはあったと思われます。しかし、6月頃には慣れて頂き落ち着いて過ごしてもらいました。春休みより、長期休暇の時間帯も午前10時から午後4時までとなり、スケジュールもそれに伴って変更となりましたが、午前・午後の活動にメリハリをつけ、今まで出来なかった長期時間の外活も行え、子どもたちには楽しんで頂けたと思います。欠員補充のため、来年4月新卒の方を採用決定しており、来期は新人職員の育成・指導に重点を置くよう計画しています。また、施設としての体質改善・向上のため、「魅力ある福祉・介護の職場宣言ひろしま」にも登録手続きを行い、「健康経営優良法人2019」の認定企業としての申請も行いました。
〇適切な支援・連携体制
活動プログラムは、平日・長期休暇とプログラム変更を行い、特に長期休暇では集団活動を多く取り入れ、友達どうしで関わる時間を増やしました。その結果として、子どもたちどうしで認め合い、また譲り合って道具を使うルールは出来ています。来年は、更に新たな活動を取り入れたプログラムを検討します。学校連携は昨年同様に行い、希望者中80%は行えましたが、先生方との日程調整がつかず行えなかった方が増えてしまいました。日程や時間調整が今後の課題となります。保護者の方たちとは、機会のある毎になるべく直接お話をするよう心掛けています。相談支援や多事業所とは、毎回担当者会議は出ており情報共有し、より良い支援に繋がるよう努力していますが、事業者間の質の格差・温度差があり、同様に支援する難しさがあります。
〇非常時等の対応
避難訓練は行いましたが、予測のつかない事態の時にどう行動するかは、その場の職員の判断が大きく左右するので、当面の大きな課題となっています。ただ、てんかん発作の対応に関しては今年3回発作対応があり、手順通りにスムーズに行えるようになりました。

ほーぷデイサービスセンター・キララ
〇環境・体制整備・業務改善
今年度は正規職員の補充が出来、固定の正規職員4名で安定した支援をすることができました。7月の豪雨災害で各地大きな被害が出ましたが、当事業所は直接被害が出ることもなく、1日の臨時休業のみで対応が出来ました。ただ、通勤が困難な職員が数名いた為、その期間は法人内の職員全員でそれぞれ事業所のカバーを行い、安全に支援が行えました。改善すべき点は、偏った職員に仕事が集中している為、仕事の分散を行うつもりです。
〇適切な支援の提供
年一回の保護者面談により個別支援計画を作成し、年3回のモニタリングも行うことが出来ました。日々の活動には大きな変化をつけず、放課後を安定した活動が行えるよう心掛けました。そして、長期休暇等を利用してイベント等行うなどして、一年を通して変化を加えることが出来ました。7月の豪雨災害により、夏休みに計画していたイベント等を急遽内容変更することにはなりました
が、予定していた回数は行え、子ども達にも喜んでもらうことが出来ました。
子ども達がキララの活動に慣れ自主的に動いてくれる場面が増えていますが、それに甘えることなく、職員が原点に返って常に初心を忘れないよう努めます。
〇関係機関や保護者さんとの連携・説明責任
今年度も夏休みを中心に学校連携を行い、65%が連携をとれました。希望が出されなかったり、7月豪雨災害の対応等で時間の都合が合わなかったり、例年に比べて少し件数は減りましたが、地域の学校はほぼ回ることが出来ました。相談支援事業所とも担当者会議等で密に連携を取り合う事が出来ています。
学校・相談支援事業所・保護者等それぞれとはつながり、密な連携は取れていると思いますが、一堂に会する機会があまりないため、相談支援事業所を通じて働きかけをしていかなければと思います。
〇非常時等の対応
緊急時対応マニュアルを基に避難訓練を行いました。一度利用者来所前に地震が起こり、職員のみでしたが落ち着いて対応出来ました。その時、もし利用者がいたら・・・と、動きを再確認もすることが出来ました。虐待防止の研修には法人内の他事業の職員が出席し、会議での報告時、対応の指示や合理的配慮について話し合いました。
7月の豪雨災害での直接被害はありませんでしたが、水害についてももう少し具体的にどう行動するか等話し合いの機会が必要だと感じました。

キティちゃん新幹線。

2018年12月03日(月曜日)

みなさんは、ハローキティの新幹線をご存知でしょうか?
JR西日本が『ハローキティ』とコラボレーションした500系新幹線です🚄
生活介護の利用者さんと一緒に午後からのお散歩へ行った時何度か見ました🎵
調べてみると、1日1便しか運行しておらず、2018年の運行は悲しいことに11月30日までだそうです(ノ_・、)
最後にもう一度見たかったなぁと思うのは私だけでしょうか
( *´艸`)笑

職員  垣原

456件中 1-5
[トップへ戻る] [次のページへ]